JIKOSOUDAN MANUAL 交通事故相談に強い弁護士

早い方が好ましい交通事故の相談

悲しい事なので交通事故とはあまり向き合いたくないと思う事もあるかもしれませんが、もし交通事故を被害者と加害者だけで処理をするという事ができないかもしれないと思われる時には、ためらう事なく弁護士に相談したいですね。

交通事故相談は早ければ早いほどいい事も多いと思います。示談金や慰謝料においては、書類を書いて提出するまでが勝負ですので、それまでに相談しておく必要があるでしょう。不満があれば、早く相談し対応した方が、結果が覆る可能性は高いみたいですね。

取り分けて慌てて相談する必要はありませんが、交通事故の問題をしばらく放置するようなことのないようにしましょう。

また交通事故問題を軽く見てしまい後回しにしてしまうという事もないようにしたいですね。後々、交通事故慰謝料や示談金について問題が大きくなってしまうなどという様な事にならない様に注意したいですね。

相談したい慰謝料などの交通事故問題

交通事故において、相手の出方や慰謝料に対して不満がある人が、弁護士の所に行って話をするという事はあるかと思います。

しかし、交通事故では困った事があった時だけではなく、今後慰謝料の話合いをするのが不安だと感じたり、またはトラブルになったりしないだろうかと心配になるという事もあるでしょう。

問題が発生するまでに弁護士に相談しておくという事ももちろん可能です。この様な時点で相談する事で、時には交通事故で問題が出てくるのを早期に防いだりする事もできるかと思います。

交通事故慰謝料など今後の事で気がかりになる事があるという人は、早速、法律事務所に出向いて弁護士などの専門家に相談する事を考えてみてはどうでしょうか。

慰謝料の交通事故相談をお願いする

予期せず交通事故にあってしまうということはあります。しかもケガなどをして医者のもとで治療をしたのにもかかわらず、後遺症が残るケースがあります。その場合、症状固定などの診断をもとに、賠償金や慰謝料がきまっていくことになりますが、日本の場合、被害者の満足できる慰謝料にならないことが多いです。

この場合、一人で悩まないで、弁護士に交通事故相談をすることも1つの方法です。弁護士はあなたにかわって相手の保険会社と交渉をしてくれるのです。個人で悩んでいないでまずは交通事故相談をすることで、満足できる解決の手助けになってくれます。

交通事故弁護士による後遺障害認定の申請について

交通事故に巻き込まれケガをすると、そのケガの治療後も症状が残ってしまい回復の見込みが持てないことがあります。この固定的に残る症状により生活していく上で支障があったり、労働能力が低減すると後遺障害に認定されます。

後遺障害と認定されると、入院や通院の傷害慰謝料とは別に後遺障害分の慰謝料を請求できます。加えて、後遺障害が残ってしまったことで労働能力が低下し将来にわたって減ってしまう収入についても逸失利益として損害賠償請求することが可能です。

後遺障害には等級制度があります。等級制度では後遺障害の程度や症状を数字で示していて、障害分の慰謝料や逸失利益の計算ではこの後遺障害等級がベースとなります。よって、後遺障害関連の損害賠償請求では最初に後遺障害認定と等級の認定を受ける必要があります。

認定は、医師の診断書など所定の書類を揃えて自賠責の審査に申請をします。申請方法は、相手の保険会社に全面的に任せる事前認定と被害者自身で手続きをする被害者請求というふたつの方法があります。後遺障害の等級は賠償金額を左右しますから、被害者請求で手続きをしないようを把握しておくことで納得のいく示談交渉ができます。

交通事故弁護士は示談交渉や損害賠償請求の相談を専門に取り扱う弁護士で、後遺障害認定の被害者請求についても丁寧にサポートをしています。交通事故弁護士は後遺障害の等級認定に必要な医学的知識も豊富で、認定された等級に不当な点があれば再請求や不服申し立ての手続きもしてもらえます。

早めに弁護士に相談

すべての交通事故において、弁護士に相談しないといけないという事はありません。自分達で不満を残す事なく解決できそうであれば、話し合いだけで済ませるのもいいでしょう。

しかし、あまりにも大きな怪我をするなど、大きな交通事故となれば、問題が深刻にならない様に、早めに弁護士に相談するといいでしょう。

あくまでも、どの程度なら相談するというのは、自分で判断する事になります。相手との話はすべて行ってくれますので、本当に助かりますね。

また、法律や過去の事例などを参考にしながら、妥当だと思える様な慰謝料になる様に話をしてくれます。最終的に自分達が好ましい結果になるといいですね。

交通事故問題の情報

慰謝料や手続きについて

交通事故慰謝料請求などの手続きについて解説。

ページトップ