JIKOSOUDAN MANUAL 交通事故相談に強い弁護士

弁護士への交通事故相談で慰謝料が大幅に増額

交通事故の慰謝料は、その事故で被った精神的なダメージに対する賠償金として相手方に請求できるお金です。精神的なダメージに対するお金なので、個人差による差が広がってしまうことを避けるために算定基準が制定されています。

基準は自賠責基準・任意保険基準・弁護士会の基準と3つあって、どの基準を使うかで賠償金の額が全く違ってきます。一番安いのは自賠責基準で、賠償額を抑えたい加害者側の保険会社で示談交渉で提示する慰謝料は自賠責保険基準を使って安く見積もられている可能性があります。

そのまま安易に示談に応じてしまうと被害者は損をしてしまいますから、示談交渉が得意な弁護士の先生に交通事故相談をして示談代行を依頼するのが一番です。交通事故相談をすることで、もらえる金額が大幅に増額可能です。


交通事故の被害者になった時は早期に弁護士へ相談を

交通事故の被害者になった時は、直ちにその問題を弁護士事務所に相談しましょう。 事態が悪化してから、事務所に駆け込むのはあまり賢明な方法ではありません。 初期の初期から、弁護士と二人三脚で交渉に臨めば、一つ一つ丁寧に法律家の視点から、有利なアプローチを相手にはたらきかけられます。

被害者が泣き寝入りする事が案外、多いと言われるのが交通事故の交渉です。 加害者サイドでは老練なスキルと経験に長けた専門家がバックアップを務めます。 本来であれば弱者である事故に巻き込まれた側が、なぜか加害者にされてしまう事例もありますので、最初から法律家の支援を受けたほうが何かと安心です。

交通事故相談をしていくポイントについて

交通事故による被害は、時として大きな被害をもたらしてしまうケースもあります。そのような場合において、冷静な対応が必要とされています。被害や精神的苦痛に対して支払われる慰謝料は3つの基準が設けられていて、適応される基準によって支払い金額が大きく変わってきます。

慰謝料の基準においては、弁護士基準とよばれる裁判所の判例などを元にしている基準や、加害者側が加入している保険会社の任意保険基準、最低限を保証する自賠責保険があります。少しでも基準を挙げたいようであれば、交通事故を専門とする機関や法律事務所に交通事故相談し、依頼することです。

交通事故相談の中でも多いのは?

交通事故相談の中でも相談が多いのが「事故が起きた時に、警察を呼ばなかったけれど、賠償金などの請求に影響が出るのか?」ということです。これは自分が被害者になってしまった時に多いです。

事故が起きた時に第3者がいなく、加害者の人に「そこまで怪我も大きくなかったので見逃してもらえないか」と依頼されたような時に起こりがちです。これは最初が肝心で、警察に届けを出さないとその後の治療費や、慰謝料が保険会社から認められにくいのは事実です。例え相手が悪い人でなかったとしてもきちんと警察に届けて、事故を受けたと証明することが大切なのです。

交通事故相談について

交通事故にあってしまった際に、多くの被害を受けていることが考えられます。被害者側になってしまうと、サポートしてもらう手立てがないので、知識のないまま交渉に応じてしまうケースが数多くあります。初めの段階での交渉金額は低いことが考えられますので、そこで和解してしまうのは非常にもったいないと言えます。

そのような事態を防いでいくには、弁護士や司法書士、専門とする機関など数多くありますので、そのような場所に交通事故相談をすることです。インターネットで検索をかければ、多くの機関がヒットしますので、そこから探すことをおすすめします。

交通事故相談は交通事故による慰謝料は弁護士相談

交通事故相談に関する記事

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。

ページトップ