JIKOSOUDAN MANUAL 交通事故相談に強い弁護士

事例によって相場の異なるむちうち慰謝料

むちうち慰謝料の存在は、あまり知られていないのが一般的な見解とされており、交通事故の被害を受けてしまった場合において、目立つような外傷と共に考慮されなければならないむちうちの症状は、外見からは判断がつきにくいものです。

慰謝料額の相場としても、治療に掛かる期間や事故の状況などによって決められるため、事例によって様々な判断基準が採用されることになります。客観的な判断材料や、法律に基づいた情報を取り入れながら解決させたい場合には、弁護士への相談が有効的なケースもあります。手続き内容に関する疑問が発生した場合にも、速やかに対処できるでしょう。

むちうち慰謝料の 相場 が知りたい

交通事故に遭った場合に、よくおこるケガのひとつがむち打ちです。むちうちは、車の追突事故や、追突事故によって、衝撃を受けて、首に負担がかかり、ダメージを受けた損傷の事です。正式な名称は、頸椎捻挫や、頚椎挫傷といいます。

むちうちで被害者に支払われるお金は、治療にかかった金額、通院にかかった金額、入院に必要になった金額、診断書の作成にかかった金額、休業による損害、などですが、むちうち慰謝料といわれるものは、むちうちになった事で入院、通院する事の精神的苦痛、後遺症認定された時の慰謝料、後遺症がなければ得られた収入に対してです。相場は、通院日数や治療期間によって計算されます。

相場の違いを知りたいむちうち慰謝料

交通事故の被害に遭ってしまった場合、加害者に対する慰謝料の請求が可能とされています。慰謝料の内容には、事故の発生が原因で負ってしまった怪我の治療や入院に関する費用だけでなく、休業した場合の補償なども含まれています。

また、むちうちなど目には見えにくい症状についても対応される必要がある中、むちうち慰謝料としての相場は、事故の状況や怪我の程度などによっても異なります。正しい情報を取り入れながら速やかな解決を目指すためには、弁護士などの法律専門家へ相談を進めることも、有効的な方法として幅広く利用されています。

むちうち慰謝料の相場と事故後にやるべきこと

交通事故で害を被り、むちうちになってしまった場合、むちうち慰謝料としてお金を請求できることがあります。もし、自分がその当事者になってしまった場合、知っておきたいのは、相場と事故後に何をするべきか、です。

自賠責保険と裁判所基準ではむちうち慰謝料の金額の計算方法が決まっているため、相場の計算はしやすいです。しかし、任意保険の場合は、保険会社により異なり、それらも公開されていないため計算は難しいでしょう。また、請求するには、交通事故証明という書類が必要な場合があるため、事故後は必ず警察に立会を求めること、そして、むちうちなどの治療費の領収書をもらっておくことが必要です。

むちうち慰謝料の相場の事なら弁護士に相談しましょう

交通事故に遭って、一番揉めるのがむちうち慰謝料です。慰謝料は3つの計算方法があり、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準となっています。自賠責基準が一番安価ですが、すぐに対応をしてくれるので最初に慰謝料を提示してきます。しかしながら、納得のできる金額を提示してくることがとても少なく、多くの人が泣き寝入りをしています。

そんな時は弁護士に、交通事故相談を行う事で、むちうち慰謝料の相場を引き上げることが出来ます。弁護士基準では、過去の事例を元に慰謝料を計算していくので、保険会社よりも高くすることが出来ます。

むちうち慰謝料の相場に関する記事

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。

ページトップ