JIKOSOUDAN MANUAL 交通事故相談に強い弁護士

その後の計画を立てて自己破産

浪費癖がある人は、自己破産をきっかけに改める様に努めたいですね。自己破産をすると、その後の生活において経済的に困窮する事もあります。

何といっても、自己破産をすると一定期間はローンを組んだり、カードを持ったりする事ができない、また持ち家は手放しているという事を考えないといけません。

そんな状態から、貯金をする余裕を持てる様になるまで、努力したいですね。自己破産をするまでにいろんな事を考えると思いますが、実際には自己破産の後の計画を立てる事も大事になってきます。

人によっては家計簿を利用して、収支をしっかりと把握して、お金の管理を徹底的に行うというのも効果があるかもしれませんね。

司法書士に自己破産を依頼すると制限がある?

司法書士に自己破産を依頼すると、制限がかかります。それは、裁判所に代理人として出席をしてもらえないということです。認定司法書士なら、140万円以下の借金の交渉などで代理人になることができますが、簡易裁判所までという制限があります。

自己破産は地方裁判所の管轄となりますので、借金の金額に関わらず、代理人になってもらうことはできません。しかし、司法書士に書類の作成を依頼したり、手続きについてのアドバイスをしてもらうことはできます。メリットとデメリットがありますので、弁護士に依頼をした場合とよく比較をして決めましょう。

司法書士に自己破産の申請をすると住宅は

司法書士に自己破産の手続きを行ってもらうと、住宅を所有している場合、それも処分の対象となってしまいます。ローンが残っている場合には、ローン会社に処分、換価されてしまうことになります。もし、ローンが残っていない場合でも、高価な財産となるため、処分の対象となってしまいます。

もし、維持したい場合には、住宅を第三者の方に時価で買い取ってもらってそれを借りるという方法と、司法書士の方に個人民事再生という債務整理の方法を検討する必要があります。

また、処分をされた場合、競売と任意売却という二つの方法があり、どちらの方法をとるかによっても対応が変わってきます。

自己破産に至るまでに借金相談する

そろそろ自己破産をしないといけないかな、という時点で借金相談をするという事もできますが、それよりももっと早い時点で借金相談を行っておく事によって、自己破産が回避できるケースもあると考えられます。

何かの事情があり突然自己破産になる場合であれば、その時点で借金相談をする様にしましょう。しかし、だんだん自己破産が近づいていると感じた時には、借金相談をするのは早い方がいいでしょう。

自己破産に至るまでに借金相談する事ができればいいですが、どの程度の深刻さとなればこの様な手続きが必要であるのかという事は、分かりにくい事もあります。くれぐれも自分で間違った判断がない様にしましょう。

司法書士が行う自己破産などの債務整理について

キャッシングなどの借金を重ねてしまった結果、クレジットカード会社や消費者金融に、多額の借金をしている人が増えています。 一人で悩んでいても、借金が深刻化するだけで解決はできません。悩んでいるのであれば、法律を専門としている事務所に、借金相談をすることをおすすめします。

場合によっては、自己破産を視野に入れ備えておくことです。又、既に返済している借金の中に過払いが含まれているケースは、自己破産までしなくても、解決する可能性がります。このように些細なことで変わってきますので、経験豊富な司法書士に依頼し、見極めてもらうことがおすすめです。

自己破産の手続きも依頼可能な司法書士

司法書士によって債務整理が行われる際、全額の返済が困難な方には自己破産の手続きを行うことも可能です。140万円を超える多額の金額が関わる場合は弁護士への依頼が必須となるものの、140万円を下回る金額での借金問題は弁護士の介入が必要ありません。

司法書士でも法律に基づいた手続きや判断が可能であり、経費を抑えながら速やかに対処したいという方にとって頼りになる存在でもあります。個人的に手続きを進めることも可能ではあるものの、普段の仕事や日常生活を維持しながら裁判所へ足を運ぶなど、手続きを行うのは困難な場合もあります。

ページトップ