JIKOSOUDAN MANUAL 交通事故相談に強い弁護士

正しく進めたい遺産相続手続き

資産を持つ方が亡くなった場合において、残された家族など、相続対象となる方の間では遺産相続手続きの問題が発生します。手順に沿った手続きを期限内に済ませられることが必要とされている中、どのように対処すれば良いか分からない場合や、大きなトラブルに発展してしまった場合など、弁護士などの関連機関へ相談が行われるケースも多く見受けられます。

法律に基づいた解決方法が見出せるだけでなく、公平な遺産分配のための手続きが行えるようになります。また、場合によっては裁判所や公証役場の介入も必要とされ、正しい手続きを進めることが重要です。

遺産相続手続きの注意点

遺産相続手続きを行う前に確認しなければいけない事として遺言書の有無の確認があります。これは遺言書の内容が相続人の意思や法定相続の権利よりも原則として優先されるからです。遺言書には自筆で用意する自筆証書遺言、公証人役場にて作成する公正証書遺言、自筆で用意し公証人役場にて秘密保管される秘密証書遺言があります。

遺産相続手続きの際の注意点として被相続人の保有財産を漏れなく調べる事があります。遺産相続はプラス面ばかりを見がちになりますが、住宅ローン、自動車ローン、借金等の負の財産も相続する事になるためです。

遺産相続手続きが必要とされる理由

遺産相続をおこなうためには、各種遺産相続手続きをしなければなりません。万が一この手続きをおこなわなかった場合は、どうなるのでしょうか。どうしてもしなければならない相続手続きは、怠った場合不利益を被る可能性があります。

一方で、しなくてもいい相続手続きもあるのですが、時間が経過するにつれて方法が複雑になっていくので、面倒に感じるかもしれません。また、必要になったときに遺産を利用したり、処分できなくなる可能性もありますし、自分の遺産がほかの相続人に無断で使われてしまうケースもあります。このため、表面上では影響がなさそうに思える相続手続きですが、なるべく早めにおこなうことが大切です。

遺産相続手続きって誰に頼めばいいの?

遺産相続手続きなど人生においてそんなに自分が先頭に立って行うような事態はあまりありません。しかしきちんと手続きをしていかなくては後々問題になってしまうようなことも多いため、自信がない人や、あまり時間が取れない人は、プロに間に入ってもらってみてはいかがでしょうか?

プロにお任せするにあたりここで問題になってくるのが、「誰に何を頼めばいいのか?」ということです。もし親族同士でもめ事に発展してしまいそうだなと思うところがあるのでしたら、弁護士に任せましょう。書類の作成などだけでいいのでしたら司法書士が安くていいです。

遺産相続手続きの必要性について

遺産相続手続きの必要性について、大いにあることがあげられます。遺産相続とひとことで言ってもさまざまな要素があり、一つ一つきちんと対応していくことが必要とされています。例えば借金などについても遺産に含まれますので、遺産放棄をする手続きが必要とされています。

このようなことを考えると、しっかりと遺産の内容に対応していくことが重要になってくるでしょう。弁護士であれば、そのような細かな内容にもしっかりと対応してくださいます。特に遺産相続を専門としている法律事務所であれば、迅速に対応してくれることでしょう。

遺産相続手続きに関する記事

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。

ページトップ