JIKOSOUDAN MANUAL 交通事故相談に強い弁護士

交通事故慰謝料の相談をするメリット

交通事故が発生した時には、実績のある法律事務所のサポートを依頼することが望ましいといえます。中でも、交通事故慰謝料の問題を解決するには、ある程度の知識や経験が求められるため、プロの弁護士の相談内容をじっくりと把握することがおすすめです。

近頃は、弁護士の相談の方法にこだわりのある消費者が増えてきていますが、経験者の口コミに目を通しながら、信頼のできる法律事務所を見極めることが大事です。その他、まずは具体的な報酬額の相場を把握することによって、月々の経済的な負担を最小限に抑えることが可能となります。

交通事故慰謝料は“基準”の選び方で金額に大きく差がでる

交通事故に遭って怪我を負い、その交通事故が人身事故として処理されることになれば、損害賠償金が受け取れることになりますが、損害賠償金には、交通事故慰謝料というものが含まれています。

交通事故慰謝料は、被害者の精神的な苦痛を補うためのお金のなので、具体的な金額を決めるのが難しいのですが、金額を決めるために、いちいち裁判を行って被害者がいかに精神的な苦痛を負ったのかを裁判官に訴えていたら、時間だけでなく、膨大な裁判費用が発生してしまうことになります。 ですので実際には裁判ではなく、簡易的な示談交渉で損害賠償金の金額が決められて、交通事故慰謝料についても前もって決められている基準を使って、簡単に決められることになります。

その中には、これ以上安くなると法律違反になってしまう最低限の金額設定になっているものから、実際に裁判を行って決まった損害賠償金の金額を参考にしたものまで金額に大幅な差があります。 加害者は、最低限の金額を提示して、被害者は自分の負った精神的な苦痛に応じた金額に近づけるために話し合いを重ねて合意に至った金額が、じっさいに加害者は支払い被害者が受け取る損害賠償金の金額ということになります。

後遺障害が残った場合の交通事故慰謝料

交通事故で怪我を負った場合、治療を受けた医療機関で主治医から症状固定の診断を受け、その時点でどのような後遺障が残っているのかを後遺障害診断書に明記してもらう必要があります。

これにより交通事故慰謝料の額が変わりますので、適正な診断をしてもらう必要があります。しかし精神的な後遺症の場合、診断が難しい為に納得のいく後遺症の診断をしてもらえないことがあります。そのような時に弁護士が間に入り、主治医と交渉してもらうことが可能です。適正な補償を受ける為にも、交通事故専門の弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士に相談し交通事故慰謝料や後遺障害等級を獲得する

交通事故にあってしまい辛い思いをしている人もいることでしょう。後遺症に悩まされている人もいますが、できるだけ早めに弁護士に相談してみることが大事です。弁護士に相談することで交通事故慰謝料の増額もできます。

弁護士に相談することで、医師の診断内容を確認して、適正な後遺障害等級認定の取得もできます。交通事故にあうとかなりのストレスを感じてしまい、仕事や人間関係にも悪い影響がでてしまいます。交通事故に強い弁護士に相談することで、精神的に楽になり安心感を取り戻すこともできます。裁判になった場合なども弁護士に任せておけば安心できます。

後遺障害が残る場合の交通事故慰謝料

交通事故が起こった場合、相手が怪我をしたり、死亡すると交通事故慰謝料が発生します。慰謝料は精神的苦痛に対してだけではなく、治療費用、入院・通院費、休業損害、後遺障害慰謝料・死亡慰謝料の総額となります。

死亡事故の場合、慰謝料は非常に高額になります。自賠責・任意保険の支払い総額の平均額から考えると、約2700万円の慰謝料が必要になります。そして、後遺障害が残った場合も、障害の程度によっては高額な慰謝料が必要になります。

障害は症状の重さで等級に分けられ、等級ごとに弁護士基準があります。1級2800万円、2級2400万円、3級2000万円というように死亡事故と同等の慰謝料が必要になる場合があるのです。

交通事故慰謝料は交通事故による慰謝料は弁護士相談

交通事故慰謝料に関する記事

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。

ページトップ