JIKOSOUDAN MANUAL 交通事故相談に強い弁護士

慰謝料請求について交通事故相談

交通事故の慰謝料を請求したいと考えているなら、弁護士の交通事故相談をしてみましょう。自分一人では心細いですが、誰かが相談に乗ってくれると、それを解消することができます。しかも、相手が法律の専門家である弁護士であれば、それ以上に確実な解決を期待できることでしょう。

人によっては、誰かに頼りたくない、すべて自分でやってやるという方もいます。しかし、交通事故で慰謝料を請求するにも作法というものがあります。それを無視しては、得られるものも得られません。法律分野での作法とは、判例や実務運用などです。弁護士はもちろんそれについて知っているので、解決の期待度が段違いです。

最近は着手金・相談料無料の交通事故弁護士がいる!

弁護士費用の設定は自由化されているので、それぞれの弁護士事務所が自由に定めることが可能です。交通事故弁護士に依頼する際、相談料と着手金、成功報酬と諸経費が主な費用となります。相談料は30分税別5,000円、手数料は10万から20万円程度が相場です。

しかし相談料に関しては多くの弁護士事務所で無料相談サービスを実施しているので、気軽に相談することができます。着手金についても、近年では相談料・着手金無料をセールスポイントとする弁護士事務所が増えてきているのが特徴です。

交通事故のように急なトラブルの際、まとまったお金をすぐに用意できない場合があります。そのような時に支払いを抑えて依頼できる交通事故弁護士の需要も増えています。このような交通事故弁護士は完全成功報酬制のため、損害賠償金や慰謝料が増えればそれだけ弁護士の得る報酬も増額します。

示談交渉でなるべく多くの損害賠償金を得るように力を尽くしてくれるので、依頼者にとっても力強い味方です。注意として、相談料や着手金を取られない弁護士でも、途中で解約すると着手金や実費を請求されるケースや、交通費や日当など実費が掛かるので、費用はあらかじめ弁護士と相談して確認しておきましょう。

交通事故相談は行きづらい

交通事故にあってしまったがいきなり法律事務所や、そう言った専門事務所に足を運んで、自分の個人情報を話して、相談に載ってもらうのは怖いと言う人もいるかと思います。特に交通事故の後では精神的にも負担が大きいでしょうし、新たに精神に負担のかかるような事はあまりオススメできないのも事実です。

そういった際に手助けになってくれるのが「無料交通事故相談」です。こちらは無料で電話相談にのってくれるというもので、そこまで深い相談は別途依頼が必要ですが、今自分がどのようなことをしたらいいのかということを親身に相談にのってくれます。

後遺症慰謝料の交通事故相談

交通事故の中でも死亡事故が一番重いですが、後遺症が残ってしまった場合も今後の人生に大きく影響してくるので非常に重い案件です。多いのがむちうちの後遺症障害でこちらは慰謝料に関してもめごとが多く、交通事故相談の案件でも相談が寄せられることが多いようです。

どうして揉め事になるかというと、むちうちは打撲や擦り傷、骨折のように見た目だけでは治ったか治ってないかわかりづらいためです。多いのがもう治ったと思うので今後の治療費については支払いできませんよと保険会社に言われてしまうことです。まだ治療が必要なのに、途中で治療費の援助を打ち切られてしまっては困りますよね。

交通事故相談で慰謝料を請求しよう

もしあなたが交通事故にあってしまったら、自分で手続きを進めていくのもいいですが、慰謝料などが発生するようでしたら専門家を間に挟むことをオススメします。加害者と被害者だけでは意見が食い違うのが当然ですし、保険会社の対応も全く変わってきます。

特に保険会社からおりる治療費などについては交通事故相談を弁護士などにした場合と、しなかった場合だと倍以上金額が変わってくることもあります。病院へ長期間の通院が必要になってしまった場合には、治療にかかった費用についてはきちんと請求したいですよね。その際にはやはり弁護士などの力を借りることをオススメします。

ページトップ