JIKOSOUDAN MANUAL 交通事故相談に強い弁護士

交通事故弁護士に慰謝料の相談をするときの注意点

交通事故で損害を受けたら慰謝料を請求することができますが、入通院などの治療に関するもの、後遺障害によるもの、死亡した際に遺族が請求できるものなど、さまざまな種類があるので注意が必要です。 損害賠償額にはある程度の基準が設けられているものの、増額できるかどうかは弁護士の腕にかかっています。

慰謝料を獲得できても、その中から弁護士に支払う報酬や費用などが発生するので、念頭に置いておいたほうが無難です。 交通事故を専門に扱っていること、経験と実績があり、なおかつ信頼できるかどうかを見極めることが大切だといえるでしょう。

交通事故弁護士が対応できる可能性のあるケース

交通事故弁護士に相談を依頼することで、治療費や慰謝料の請求をスムーズに行えることがあります。 特に、高度障害などのリスクに備えたい場合には、交通事故弁護士の経歴に注目をすることは勿論、報酬額の支払い方などを事前に調べてみることが良いでしょう。

一般的に、交通事故の際に慰謝料や治療費の請求ができる可能性は、それぞれのケースによって、大きな違いが出ることがあるため、無料相談のサービスが充実している法律事務所にお世話になることが有効です。 そして、交通事故弁護士のサポートの事例をチェックすることが欠かせません。

後遺障害が得意な交通事故弁護士に依頼するメリット

交通事故の案件を数多く取り扱ってきた交通事故弁護士に依頼することには多くのメリットがあります。例えば、診断書の書き方や実施すべき検査、また提出する画像などに詳しいため、適切な後遺障害等級の認定を受けられる可能性は高くなることでしょう。

さらに、場合によっては慰謝料の増額も期待できます。加えて、後遺障害が得意な交通事故弁護士に依頼することによって、保険会社との交渉や必要とされる書類の準備といった面倒な事柄をすべて任せることができます。その結果、安心して怪我の治療に集中することができるようになるでしょう。

交通事故で後遺障害が残るなら交通事故弁護士に相談して

交通事故が原因でケガをして障害が残ってしまうことがあります。この障害を「後遺障害」と言いますが、交通事故弁護士に相談すれば、相手方からしっかり慰謝料を請求することができます。後遺障害には自賠責保険の別の補償のしくみ(遺失利益・慰謝料)があります。

ただし、全ての事故による障害が認められるわけではなく、①交通事故が原因と医学的に認められる②労働能力の低下③その障害が自賠責保険で定める等級(1級から14級)に当てはまる、ことが必要です。相談者の後遺症がどの障害等級に当てはまるのかを判断し、担当医にこちらが望む診断書を作ってくれるようなアプローチをしてくれます。

交通事故で後遺障害が生じた場合には交通事故弁護士に相談

交通事故というのは全国で少なくない数の事故が発生しています。その場合に後遺障害が発生してしまう重大な交通事故に関しては交通事故弁護士に相談した方が良いです。

後遺障害は、交通事故によって生じた障害(精神的障害も含まれる)が将来によっても完治する見込みがない状態となり(症状固定)、交通事故とそれとに相当な因果関係が認められ、その存在が医学的に認められるうるもので、労働能力の喪失・低下を伴いその程度が自賠法施行令の等級に該当するものの事を言います。この事はとても難解なので専門の交通事故弁護士に相談するのがベストです。

大阪で交通事故弁護士は交通事故による慰謝料は弁護士相談

交通事故弁護士に関する記事

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。

ページトップ