JIKOSOUDAN MANUAL 交通事故相談に強い弁護士

むちうちによる弁護士基準の交通事故慰謝料の相場

交通事故によってむちうちになり、交通事故慰謝料が請求できるか判断がつかないときもあります。そのときは、専門的な知識を持つ弁護士に相談してみましょう。むちうちには、人それぞれ痛みの度合いが違いますので、慰謝料を請求するときに基準となるのが精神的苦痛です。

また、被害者が入院したか否かについても重要なポイントとなります。裁判所や弁護士基準では、任意保険と違い金額が倍になることもあります。大きな精神的苦痛を受けたと感じて、加害者側から提示される示談金に納得できないと悩んでいるのなら、活用してみてはいかがでしょうか。

弁護士基準の交通事故慰謝料は相談で

日頃注意していても起こってしまうのが交通事故ですが、もし怪我を負ってしまい被害者となった場合、相談先が弁護士となる案件です。自分が加入している保険会社や加害者側の保険では、対人対物が付いていたとして、治療に関しての保証はできます。

しかし、被害者側は交通事故慰謝料や損害賠償の金額を、保険会社を通して相談することができません。そこで、弁護士に依頼することにより、被害者の立場に立って交渉してくれます。しかも、弁護士基準の慰謝料の計算もしてくれます。そのため、裁判になった場合でも安心して任せることができます。万が一自分が被害者となったときは覚えておきましょう。

弁護士基準の交通事故慰謝料を受け取るために弁護士に相談を

交通事故の被害者になったら、まずは弁護士に相談することをおすすめします。そうすることで納得のいく額の慰謝料を受け取れる可能性が高くなります。交通事故慰謝料には、自賠責基準、任意保険基準、そして弁護士基準という三つの基準があります。

自分で保険会社と交渉した場合、もっとも低い数値である自賠責基準での算出となります。弁護士基準での算出額と大きく異なりますので、不本意な額でサインする前に、速やかに弁護士に相談しましょう。ただし弁護士であれば誰でもいいわけではありません。それぞれ得意、不得意分野がありますし、相性もあります。何件か相談に行き、交通事故問題が得意で信頼できそうな弁護士に依頼しましょう。

交通事故慰謝料を弁護士基準で請求することのメリット

必ず交通事故に巻き込まれない保障はありません。そのため、もしも起こってしまった時にどのような対処をするのかを事前に調べておく必要性があります。その中でも、一番重要となってくるのがどのように交通事故慰謝料を請求するのかということです。

多くの人の場合、まず思いつくのは保険を利用することでしょう。確かに、保険会社に任せることが一番労力の少ないことかもしれません。しかし、一番いい方法ではありません。一番いいのは弁護士に相談して弁護士基準で慰謝料を請求することです。弁護士を利用するとこで思いがけない金額の慰謝料を手に入れることが可能です。

被害者なら弁護士基準で交通事故慰謝料を請求するのが最良の選択

交通事故慰謝料の請求には、弁護士基準で交渉することが勧められます。実は、交通事故による慰謝料の請求には、自賠責保険を基準としたものがあります。支払われる保険金の相場を見ても、自賠責保険の基準額は弁護士に任せる場合と比べて少ないのが特徴です。

そのため、保険会社の提示する金額に了承するには、満足のいく保険金を受け取ることができないことを意味します。このような場合、交通事故に精通している弁護士に頼る方法が一番の解決策になります。弁護士に任せると、過去の判例より適切な慰謝料を請求できるだけでなく、示談交渉や書類作成も一任することができるからです。

交通事故慰謝料に関する記事

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。

ページトップ