もくじ
交通事故相談
交通事故相談で慰謝料などについて教えてもらう
弁護士を探すのは自治体が開催している交通事故相談会
交通事故相談で被害者が受け取る慰謝料が大幅増
弁護士への交通事故相談で慰謝料が大幅に増額
備えたい交通事故
交通事故による示談交渉の相談
慰謝料請求について交通事故相談
おすすめ
困った交通事故の慰謝料に関する問題
交通事故慰謝料の内訳
交通事故慰謝料
後遺障害が残った場合の交通事故慰謝料相談
交通事故慰謝料の相談をするメリット
弁護士基準である交通事故慰謝料の重要性
むちうちによる弁護士基準の交通事故慰謝料の相場
弁護士基準には交通事故慰謝料の件数も大事
交通事故慰謝料の弁護士基準
弁護士基準の交通事故慰謝料が高額になるのはなぜ
おすすめ
交通事故弁護士に慰謝料の相談をするときの注意点
交通事故弁護士
交通事故弁護士に相談するときの着手金の金額
交通事故だけでない弁護士の仕事
交通事故弁護士に支払う料金について
交通事故弁護士の紹介
おすすめ
事例によって相場の異なるむちうち慰謝料
むちうち慰謝料の相場
むちうち慰謝料の相場を請求したい
交通事故によるむちうち慰謝料の種類と相場
むちうち慰謝料の相場は計算方法によって異なります
むちうち慰謝料相場は交通事故弁護士に相談

交通事故の後遺障害、後遺症の賠償金、慰謝料についてのご相談は交通事故弁護士に。

JIKOSOUDAN MANUAL 交通事故相談に強い弁護士

TOP > 交通事故慰謝料 > 交通事故慰謝料の弁護士基準

交通事故慰謝料の弁護士基準について

交通事故慰謝料は、一般的に自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の3つうちいずれかの基準に則って支払われます。どの基準に則って計算されるかによって慰謝料の金額は変動します。一番高額な慰謝料が設定されることが多いのが、弁護士基準で、東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表しています。

この基準は弁護士が、交通事故の加害者や保険会社に対して交渉する際に用いるのですが、実際に起こった裁判所の判例を重視したものです。よって必要最低限の自賠責保険基準や、保険会社が慰謝料を出し渋る任意保険基準に比べ、高額になる可能性が高いです。

交通事故慰謝料を請求するなら弁護士基準を使う

交通事故慰謝料は、弁護士に依頼して請求してもらった場合と自分で請求をかける場合ではもらえる額に大きな差があるのをご存じでしょうか?「こんなものか」といって諦めてしまうのではなく、一度弁護士に相談してみましょう。

自分で請求をかける際には自責賠償基準というものが適用されるのですが、こちらの価格設定が基準の中でも一番低いと言われています。一方裁判基準と呼ばれるものや、弁護士基準を呼ばれる基準の価格は2倍以上に設定されています。裁判基準や弁護士基準は保険会社もあまり使いたがらないので、自分処理した場合にはほとんど適用されることがありません。

交通事故慰謝料に関する記事

交通事故慰謝料をもらいたいなら弁護士基準

交通事故慰謝料がトラブルに発展しやすいのは、あまり多額の慰謝料を支払いたくない保険会社と、希望通りの金額をもらいたいと考えている被害者の人の思いの差があまりに激しいからです。そこを調整してくれるのが交通事故弁護士です。弁護士基準を使用できる弁護士は双方にとって適正な価格の慰謝料を提示してきてくれます。

保険会社もこちらに弁護士がついていると知ったら、金額をかえてくるということがよくあるようです。多い人ではもともと90万円程度だったものが110万円まで増加した人もいると言われています。この差は見逃すことができない差です。

交通事故慰謝料は弁護士基準でもらいたい

交通事故慰謝料と請求する際に保険会社としてはなるべく間に弁護士に入ってもらいたくないと考えています。なぜかというと、弁護士が間に入ってくると保険会社としては弁護士基準での請求を考えてはいけないため、被害者が自分で請求してくるよりも高額な慰謝料を提示しなくてはならないからです。

そのため「弁護士に間に入ってもらっても、8割程度しか出せませんよ」と言われる場合があります。そういった場合でも気にすることなく、弁護士にそのまま依頼してしまいましょう。そういった言葉に惑わされてはいけません。少しでも疑問を持ったら無料交通事故相談所に足を運んでみるといいと思います。

弁護士基準だけが交通事故慰謝料に関わるのではない

多くの情報を得ながら、最終的に交通事故慰謝料を検討していくこととなりますが、かなり多くの金額を出すことになる場合、他にも情報を得られるか検討してください。交通事故慰謝料は、弁護士基準が基本として扱われますが、これだけが影響しているわけでもありません。

他にも影響のある情報は多くなっていますから、1つ1つの情報をチェックして、最終的に活用できる情報をまとめて、金額として提示することとなります。弁護士基準だけが大事なのではなく、他にも何か情報があるのか見ておきながら、結論を出しやすくするのが大事です。

交通事故慰謝料の程度

交通事故が発生した場合、起こす側にも起こされる側にも、日常生活と異なる困難が待ち受けます。事故による怪我の治療や怪我による学業や仕事への影響、問題が大きくなると裁判へ、これらのことが日常に加わり、体力的にも精神的にも大変な苦労をする場合があります。

また、自身の過失の程度や相手への後遺症を残してしまう、被害者が業務不可の場合の賃金の保証など、軽微なものから重大なものまで様々な状況により、損害賠償の相場が変動します。

交通事故は避けたいもので、加害者側、被害者側どちらにとっても良い思いはしないものです。交通ルールを守り、相手を思いやる気持ちを忘れずに過ごしましょう。

交通事故慰謝料請求は必要です

一般的に支払われる交通事故慰謝料は、数百万円が相場ですが、入院が長引き後遺症が残るような怪我や、命を落とすような甚大な事故であれば、その限りではありません。

もしも慰謝料の内容で先方から訴訟を起こされたら、数千万円に及ぶ交通事故慰謝料を支払うことが判決で言い渡されることもあります。

普通に働いているだけでは破綻してしまうので、これらのリスクを考えると自賠責保険だけではなく任意の保険に加入しておく必要があることが分かります。自分と被害者を守るために、自動車を所有するなら適切な運転技術を習得して、体調を管理することが大切です。

メニュー

TOP   交通事故   交通事故相談   交通事故慰謝料   交通事故慰謝料の弁護士基準   交通事故弁護士   むちうち慰謝料の相場   遺産相続手続き

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きの情報以外についてのお問い合わせはここ

むちうち慰謝料の相場、交通事故慰謝料の弁護士基準、交通事故相談、相続手続きはお近くの交通事故弁護士、法律事務所にご相談ください。大阪、東京、千葉には 多くの交通事故に強い弁護士がいます。悩まずに交通事故、相続手続きの相談をしましょう。

ページトップ